スキンケア

ファスティングダイエットで顔のシワが増えた!?

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロほど体重を減らすことができました。きれいになりたい、というその一…

水分量が足りないと感じたらセラミドを意識しよう

肌が荒れてしまった場合には、セラミドを摂取してください。セラミドというのは角質層の細胞の間に存在する水分や油分を蓄えた「細胞間脂質」です。角質層にはたくさんの角質細胞が重なっていて、このセラミドが糊の…

その洗顔で大丈夫?少しの手間が乾燥を防ぐ

洗顔が残ったまま肌荒れが起きて困るかもしれないので、すすぎをゆっくりと行いましょう。顔を洗った後には、化粧水や乳液などを使って、保湿を丁寧に行ってください。保湿ができないと肌が乾燥してしまい、シワを作…

敏感肌と決めつけないで!単に水分が保てないだけかも

敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、肌が乾かないよう、しっかりと水分を保つ事が必要となります。保水には様々な手立てがあります。保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、化粧品にも保湿効果の…

肝斑に興味ある?そのクマ、実はシミかもよ?

30代から40代の女の方が悩む肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称にまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。肝斑があらわれる原因として関連性があると…

ビタミンをご一緒に。美味しい柑橘類は美肌の果物

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。シミのない美肌をつくリ出すためにぜひ食べてほしいものです。ただ、食べ方には注意しましょう。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンという柑…

ニキビ0の笑顔のために今からザクロを食べよう

ニキビ知らずになるには、ザクロが効きます。ニキビはホルモンバランスが悪い時やお肌の細胞がきちんと入れ替わらない時に、起こりがちです。ザクロは、脂肌の元となる男性ホルモンが出てしまうのを制し、肌の代謝を…

ズバリ低刺激のクレンジングが乾燥を防ぐ秘訣

この季節のお肌の乾燥を防ぐためには、洗浄力がほどほどの、刺激の少ないクレンジング剤をなるべく選びます。落ちにくいポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてください。後、…